« 乱舞姫 艶そして叫び!! | トップページ | 残念ではありますが・・・ »

2007年9月 5日 (水)

会津若松の歴史を勉強した!

順序が入れ子になっちゃいましたが,今日も福島旅行のお話です。

Img_1966_2
CANON 5D

高所恐怖症の私がほんとうに勇気を振り絞って天守閣から写した1枚。

福島県会津若松にある 鶴ヶ城 です。

家内のリクエストでここに来ました。
私は理系人間なので(という言い訳でいつも逃げてます),歴史には全くと言っていいくらい縁がないんですが,家内は戦国時代や戊辰戦争といった日本史が,教科書のように頭に入っているんですね。
で,あまり興味がないまま訪れたこのお城でちょっと私の歴史観が変わったような気がします。

鶴ヶ城の入り口まで来たところで,なにやら話しかけてくるおじさん。
「ボランティアで城のご案内をしているんですが,いかがですか?」。
私は興味ないから断ろうかと思ったんですが,家内はすかさず「はい,お願いします!」。
というわけで,城の歴史や外観についてのお話を聞くことになりました。

Img_1927_2
CANON 5D

おじさんはこの城について,ほんとうにお詳しい方でした。
で,家内と話が合う合う! こんなに我が嫁が戊辰戦争のことに詳しい人だとは,結婚して二十数年知りませんでした。
その詳しさにおじさん,ノって来ちゃった!!
おじさんと家内の話は予定時間の35分を大幅にオーバーして,1時間以上に・・・。
でも,その話を聞いていると,全く知識の無い私もだんだん引きずり込まれてしまいました。

少し歴史の勉強をしよう!とここに来るに当たっての知識不足を私なりに反省して,「絶対また来る!」。
あんなに時間を割いてくれたのに,無料でいいのかな。 ちょっと申し訳なく思うくらい勉強になりました。

8月31日にこの城の写真をエントリーしたのですが,城の名前を出していませんでしたね。
鶴ヶ城です。(って,皆さんご存じかも)
城の中にも,無料で城の歴史を説明してくれる若い女性がいて,家内はこの方にも説明を頼んだので,この日はこの城だけで1日が終わってしまいました。
城の中はほとんど撮影禁止なので,その写真がないのはちょっと残念。

ここに行ったら,ぜひボランティアの方の話を聞いてみることをお奨めします。

さて,台風が来ています。
明後日から白神山地に行く予定ですが,ほんとうに気になる天気です。
予定通り行くことになると,7日から9日までブログの写真はお休みになります。
向こうでの様子は,また携帯から。

|

« 乱舞姫 艶そして叫び!! | トップページ | 残念ではありますが・・・ »

コメント

おはようございます。
私も歴史が大好きです。最近はあまり読書をしませんが昔は歴史関連の本を読みあさっていました。女房は大学での卒論が後北条氏だったそうで、昨年、長野県の上田の塩田平に行った時に講義を受けました。忘れていなかったんだと・・・!
台風接近中ですね!明日から白神山地ですか。危ないところは避けて無理をしない事ですね。台風の後を追いかけるのでご十分に注意を!

投稿: シゲ | 2007年9月 6日 (木) 07時46分

シゲさん

こんばんは。

ブログを拝見していて,文学的な表現がとてもすばらしいので,シゲさんはお好きなんだろうなと思っていました。
私は,今になって少し興味が出てきたところで焦っています。もっと若いうちに勉強しておくんでした。

白神山地,台風の影響で中止になってしまいました。
明後日に1泊でどこかに行こうかと家内と相談中です。
そちらは台風,大丈夫ですか? 今日,明日は残念ですがじっとしていましょう。

投稿: Noribenz | 2007年9月 6日 (木) 21時52分

奥様すばらしいですね。
私のところからは福島近いので、遠足とかもいれると
かなり鶴ヶ城には行っているはず・・・
でも、歴史認識が甘いからな~
ぜひガイドさんをたのんでまわってみます。
行く際には下調べしていくと楽しさも倍増でしょうね。

投稿: hikari | 2007年9月 7日 (金) 09時12分

hikariさん

家内,歴史の知識がすごいんです。
いや,私が知らな過ぎるのかも・・・。

ガイドさんはいいですよ。
自分たちだけで行っていたら絶対に行くことのできない「鶴ヶ城が一番綺麗に見える場所」なんてのも教えてもらいました。
今度行ったら,ぜひ頼んでみてください。

投稿: Noribenz | 2007年9月 7日 (金) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159871/16353635

この記事へのトラックバック一覧です: 会津若松の歴史を勉強した!:

« 乱舞姫 艶そして叫び!! | トップページ | 残念ではありますが・・・ »